脂肪燃焼スープダイエットの1週間献立例!実際に活用した食事を紹介

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間で健康的に痩せることができるダイエット方法。

しかし、1週間のダイエットメニューを考え、実践するのは少し面倒。

そこで今回は、脂肪燃焼スープの1週間献立例をご紹介していきます!

自分の好みに合わせて食事内容を変えていくこともできるので、飽きることなく続けていくことができますよ。

これから脂肪燃焼スープダイエットに取り組もうと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

脂肪燃焼スープダイエットとは?

脂肪燃焼スープダイエットは、基本的に1週間でダイエットを行います。

1週間で腸内環境をきれいに整えることで、体内の老廃物を体外に排出し、肌荒れや肩こり、便秘などを改善することも。

脂肪燃焼スープダイエットを実践すると感じることですが、徐々に体の毒素が出ていくのを実感することができます。

脂肪燃焼スープダイエットのサイクルは、1週間実践したら最低でも3日程度空けるのがベストです。

脂肪燃焼スープダイエットでは低カロリーで多少偏った食生活になるので、長期間続けるのはおすすめできません。

日常的に脂肪燃焼スープを活用する場合は、夜ご飯を脂肪燃焼スープにしたり、スープの中にタンパク質であるお肉や豆を加えたりして不足した栄養を補ってあげることが大切です。

脂肪燃焼スープの1週間スケジュール

DAY
スープと果物の日

スープと果物(バナナ以外)をたくさん食べましょう!

飲み物はフルーツジュースなども可能ですが、効果をより出したい方は水にするのがおすすめ!

DAY
スープと野菜の日

野菜はなるべく油を使わず、生野菜、蒸し野菜、茹で野菜にするのが効果的。

糖質の多い野菜(じゃがいも、トウモロコシ、かぼちゃはなど)は避けますが、この日はじゃがいものみ夕食に食べてもOK。

ただし、じゃがいもは1個に抑えるようにしましょう。

DAY
スープと野菜とフルーツの日

1日目と2日目を合わせたこの日は、糖質の多い野菜(じゃがいも、トウモロコシ、かぼちゃはなど)は避けます。

フルーツはバナナを避け、いちごやキウイ、グレープフルーツなどを食べるのがおすすめです。

DAY
スープとバナナとスキムミルクの日

バナナは3本、スキムミルクは500mlです。

スキムミルクが飲みづらい場合は、バナナとスキムミルクと氷をミキサーに入れてスムージーにすると飲みやすくなります。

スキムミルクが無い場合は低脂肪乳で代用してもOKです。

DAY
スープとお肉とトマトの日

お肉の代わりに魚でも可。

お肉は脂肪分の少ない赤身肉がおすすめで、1日で350g~700g程度しっかりと摂取します。

できるだけ油を使用しないで調理するのがポイント。

この日は少し多めの1.5ℓ~2ℓ程度のお水を飲むとしっかりと毒素が排出されます。

DAY
スープと牛肉と野菜の日

野菜は糖質の多い野菜(じゃがいも、トウモロコシ、かぼちゃはなど)は避けます。

この日の牛肉の量に制限はありませんが、スープを飲むのも忘れないようにすることが大切です。

DAY
スープと玄米と野菜の日

野菜は糖質の多い野菜(じゃがいも、トウモロコシ、かぼちゃはなど)は避けます。

玄米はOKですが、食べすぎには注意。

脂肪燃焼スープの1週間献立例!

今回の献立は1食あたり小さじ1程度の油を使用しています。

1日目 スープと果物の日 朝

1日目の朝は、スープとリンゴ。

少しもの足りない場合は、スープをたくさん飲むことがおすすめです。

フルーツは糖質を多く含んでいるものが多いので、食べすぎには注意してください!

1日目 スープと果物の日 昼

1日目の昼は、スープ、キウイ、リンゴ。

この2つのフルーツには腸内環境を整える作用があり、脂肪燃焼スープダイエットとの相性は抜群です!

1日目 スープと果物の日 夜

1日目の夜は、スープといちご。

抗酸化作用のあるビタミンCをたくさん含んでいるいちごは、カロリーが低めで中くらいの大きさのいちごで5kcal程度です。

ちなみに、糖度が高いいちごの方がビタミンCを豊富に含んでいると言われています。

2日目 スープと野菜の日 朝

サラダの材料分量
きゅうり1/2本
レタス1枚
トマト1/2個
オリーブオイル小さじ1
ひとつまみ

2日目の朝は、スープ、きゅうりとレタスとトマトのサラダ。

ドレッシングの代わりにオリーブオイルと塩で食べると、抗酸化作用やコレステロール値を下げる効果が期待できます。

しかし、油は高カロリーなので、小さじ1程度に抑えましょう。

どうしてもドレッシングを使いたい場合は、ノンオイルのものを使用するようにしましょう。

間違ってもたくさんかけすぎないように注意!

2日目 スープと野菜の日 昼

きのこソテーの材料分量
しめじ1/2株
舞茸1/4株
えのき1/4株
醤油小さじ1
大さじ2
STEP

しめじとえのきは石づきを切り落とし、すべてのきのこを手でほぐす

STEP

鍋にきのこと水を加えて中火にかける

STEP

水が少なくなってきてきのこに火が通ったら醤油を回しかけて完成

ナムルの材料分量
もやし1/3袋
ひとつまみ
ごま油2~3敵
STEP

鍋で沸かしたお湯にもやしを入れ、1分程度茹でてザルに取り出す

STEP

ボウルにもやしを移し、塩とごま油を加えて混ぜ合わせたら完成

2日目 スープと野菜の日 夜

茹でじゃがいもの材料分量
じゃがいも1個
ひとつまみ
STEP

じゃがいもを綺麗に洗ってラップで包む

STEP

600wの電子レンジで3~3分半加熱する

STEP

加熱後5~10分程度冷まし、手でつかめるようになったら皮をむく

STEP

皮をむいたじゃがいもを好きな大きさに切って塩を振ったら完成

おひたしの材料分量
ほうれん草1/2わ
醤油小さじ1/2
かつお節大さじ2
小さじ1
STEP

沸騰したお湯に塩を入れ、よく洗った根のついたままのほうれん草を入れて2~3分茹でる

STEP

茹で上がったほうれん草を冷水で冷やす

STEP

水気をよくきったほうれん草を4cm幅に切り、お皿に盛り付ける

STEP

ほうれん草にかつお節をのせ、醤油をかけたら完成

3日目 スープと野菜とフルーツの日 朝

スープと野菜、フルーツが食べられる日ですが、脂肪燃焼スープダイエットの検証をした際にはりんごとスープのみにしていました。

ただ、物足らなさがあると思うので、茹で野菜や生野菜を追加しても大丈夫ですよ。

3日目 スープと野菜とフルーツの日 昼

サラダの材料分量
きゅうり1/2本
大根50g
レタス1枚
プチトマト3個
乾燥わかめ大さじ1/2
STEP

乾燥わかめを水で戻し、きゅうりと大根は千切りにする

STEP

お皿に盛り付けたら完成

3日目 スープと野菜とフルーツの日 夜

野菜炒めの材料分量
玉ねぎ1/2個
ピーマン1個
舞茸1/3株
オリーブオイル小さじ1
塩こしょう適量
STEP

鍋にオリーブオイルを入れて強火にかけ、温まったら野菜を入れる

STEP

野菜に火が通ったら塩こしょうで味をつけて完成

4日目 スープとバナナとスキムミルクの日

4日目はスープ、バナナとスキムミルクの日ですが、スキムミルクが手に入らない場合は低脂肪牛乳で代用可能です。

この日あたりからスープの味に飽きてきますが、そんなときは味変することで続けやすくなります。

5日目 スープとお肉とトマトの日 朝

サラダチキンの材料分量
鶏むね肉150g
のりお好みで
STEP

鶏むね肉の皮を取り、フォークを数回刺す

STEP

鍋に水を入れて(お肉がしっかり浸る量)火にかけ、沸騰したら鶏むね肉を入れる

STEP

再び沸騰したら火を止めて蓋をし、余熱で火を通す

STEP

完全に冷めたら完成

このレシピは時間がかかるので、前日の夜に仕込んでおくのがおすすめです!

5日目 スープとお肉とトマトの日 昼

肉炒めの材料分量
牛肉(こま切れ)150g
トマト1個
オリーブオイル小さじ1
塩こしょう適量
STEP

トマトをひと口大に切る

STEP

鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、温まったら牛肉を加えて炒める

STEP

牛肉に火が通ったらトマトを加えてサッと炒め、塩こしょうで味を付けたら完成

5日目 スープとお肉とトマトの日 夜

ローストビーフの材料分量
牛もも肉500g
オリーブオイル小さじ1
塩こしょう適量
STEP

牛肉を冷蔵庫から出して常温で30分放置する

STEP

牛肉にしっかりと塩こしょう振って下味をつける

STEP

深めの鍋に水を入れて沸騰させる

STEP

別の鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、温まったら牛肉を片面2分半ずつ焼き色が付くまで焼く

STEP

全面に焼き色が付いたらお肉を取り出し、すぐにアルミホイル、サランラップの順番で包み、耐熱袋に入れる

STEP

STEP3の鍋にSTEP5を入れて3分茹で、火を止めて蓋をして20分放置する

STEP

鍋からお肉を取り出し、粗熱をとったら完成

このローストビーフは次の日の朝にも使うので少し残しておいてください

6日目 スープと牛肉と野菜の日 朝

サラダの材料分量
ローストビーフ(前日のもの)150g
レタス1枚
ブロッコリー1/4個
小さじ1
STEP

鍋にお湯を沸かし、沸騰したら塩を入れる

STEP

再び沸騰したらブロッコリーを入れ、2分程度茹でたらザルにあげて冷ます

STEP

皿にレタス、ブロッコリー、ローストビーフを盛り付けたら完成

6日目 スープと牛肉と野菜の日 昼

サラダの材料分量
大根50g
大葉2枚
きゅうり1/2本
のりお好みで
かつお節お好みで
STEP

大根、大葉、きゅうりを千切りにする

STEP

野菜をお皿に盛り付け、お好みでのりとかつお節をのせたら完成

肉野菜炒めの材料分量
牛肉(こま切れ)150g
玉ねぎ1/2個
ピーマン1個
ごま油小さじ1
塩こしょう適量
STEP

牛肉を食べやすい大きさに切り、ピーマンは細切り、玉ねぎは薄切りにする

STEP

鍋にごま油を入れて中火にかけ、温まったら牛肉を入れて炒める

STEP

牛肉の色が変わったら玉ねぎとピーマンを加えて炒める

STEP

野菜に火が通ったら塩こしょうで味を整えたら完成

6日目 スープと牛肉と野菜の日 夜

ステーキと付け合わせの材料分量
牛ステーキ肉250g
エリンギ1本
舞茸1/2株
オリーブオイル小さじ1
塩こしょう適量
STEP

エリンギは食べやすい大きさに切り、まいたけは手でほぐし、牛肉には塩こしょうをふっておく

STEP

鍋にオリーブオイルを入れて強火にかけ、温まったら牛肉を焼く

STEP

こんがりと焼き色が付いたらひっくり返し、強火のままもう片面も焼く

STEP

両面焼けたら鍋から取り出しアルミホイルで包んで焼き加減を調整する

STEP

お肉を焼いた鍋にきのこを入れて炒め、しんなりしたら塩こしょうを少々ふってお肉と一緒に盛り付けたら完成

7日目 スープと玄米と野菜の日 朝

おひたしの材料分量
小松菜2株
白いりごま適量
醤油小さじ1
STEP

小松菜の根元を切り落とし、3~4cmの長さに切ったら根元と葉の部分を分ける

STEP

耐熱ボウルに大さじ1程度の水を入れ、小松菜は茎が下になるようにして入れる

STEP

ふんわりとラップをかけて600wの電子レンジで2分加熱する

STEP

加熱後、水で冷やして水気を切り、醤油で味をつけてお好みで白いりごまをかけたら完成

7日目 スープと玄米と野菜の日 昼

サラダの材料分量
アボカド1/2個
トマト1/2個
ブロッコリー1/3個
レタス1枚
小さじ2
STEP

鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させる

STEP

野菜を好みのサイズに切る

STEP

沸騰したお湯に塩を入れ、再び沸騰したらブロッコリーを入れて2分程度茹でてザルにあげる

STEP

ブロッコリーが冷めたら皿に野菜を盛り付けて完成

7日目 スープと玄米と野菜の日 夜

サラダの材料分量
オクラ5本
なめこ1袋
もずく1パック
かつお節少々
醤油小さじ1/2
小さじ1
STEP

オクラに塩をまぶして両手で擦って産毛を取り、ヘタの硬い部分を切る

STEP

耐熱皿にオクラを並べて600wの電子レンジで1分程度加熱する

STEP

加熱後は素早く取り出して粗熱をとり、好みの大きさに切る

STEP

鍋にお湯を沸かして沸騰したらなめこを入れ、サッと茹でてザルにあげる

STEP

なめこの水気をきったらオクラ、もずくと一緒に皿に盛り、お好みでかつお節をのせて醤油をかけたら完成

野菜炒めの材料分量
玉ねぎ1/2個
なす1本
舞茸1/2株
醤油小さじ1 と1/2
ごま油小さじ1
STEP

なすは半分にしてから斜め切り、玉ねぎはくし切り、舞茸は手でほぐす

STEP

鍋にごま油を入れて中火で熱し、温まったら野菜をすべて入れて炒める

STEP

野菜に火が通ったら醤油で味をつけて完成

もっと手軽に脂肪燃焼スープを作ろう

脂肪燃焼スープの基本のレシピは、2~3日分の分量になっています。

しかし、たくさん食べればその分作らなくてはならず、手間がかかってしまうのも事実。

そこで、ここでは電子レンジを使って手軽に作る方法を紹介します。

また、この方法を使えば7日分まとめて作っておくことができるので、作り置きをしたい方にも最適ですよ。

脂肪燃焼スープ1人前の材料分量
トマト缶100g
キャベツ2枚
セロリ1/8本
にんじん1/3本
玉ねぎ1/8個
コンソメ顆粒小さじ2(固形の場合は1個)
200ml
塩こしょう少々
STEP

キャベツ、セロリ、にんじん、玉ねぎをひと口大に切り、トマト缶と一緒に耐熱容器に入れる

STEP

水、コンソメ顆粒、塩こしょうをSTEP1に加えてよく混ぜる

STEP

600wの電子レンジで8分間加熱すれば完成

耐熱耐冷容器であれば、まとめて1週間分を小分けにして冷凍保存することができます。

冷凍保存する際は材料をすべて容器にいれ、冷凍保存すればOK。

このときに全体を良くかき混ぜておけば、味が染みてよりおいしく食べることができますよ。

まとめ

脂肪燃焼スープダイエットは、ルールを守ることが大切。

今日は少しだけと甘えてルールを破ってしまうと、効果が出なくなってしまいます。

無理は禁物ですが、1週間の短期間なのでしっかりと守るように心がけましょう!

ただし、1週間の脂肪燃焼スープダイエットを行った後のリバウンドに注意。

基本的に炭水化物やたんぱく質を制限しているダイエット方法なので、急に以前の生活に戻してしまうとリバウンドをしてしまいます。

減った体重を維持するためにもご飯を玄米に変えたり、スープを毎食食べるようにしたり少し工夫が必要です。

短期間で健康的にダイエットしたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる