プッシュアップバーのおすすめ12選!自宅筋トレの効果を高めよう




プッシュアップの効果を高めるプッシュアップバー。

自宅筋トレではなかなか負荷を高めることができませんが、プッシュアップバーを利用することで負荷を高められます。

しかし、プッシュアップバーにはたくさん種類があるため、どれを選べばいいのか迷ってしまうもの。

そこで今回は、プッシュアップバーのおすすめ12選を紹介していきます。

プッシュアップバー選びで迷っている方これからプッシュアップバーを取り入れようと思っている方はぜひ参考にしてください。

 

プッシュアップバーの効果とは?

 

プッシュアップバーを使って得られる効果は、負荷を高められること関節への負担を減らせること

床で行うよりも高さがあるところから動作させることでより胸筋を収縮させ、負荷を高めることができます。

筋肥大においては筋肉への負荷量がとても重要になるので、筋トレ効率を高めるのにプッシュアップバーは最適です。

 

また、床でプッシュアップを行うと手首を痛めてしまう場合がありますが、プッシュアップバーでは手首が自然な状態で動作させることができるので手首への負担を減らせます。

プッシュアップバーの位置を変えることで簡単に効かせる部分を変えることができるのも、プッシュアップバーの魅力です。

 

プッシュアップバーの選び方

 

プッシュアップバーの選び方で重要なのは、グリップの使いやすさ滑り止めの有無形状です。

最も重要なのはグリップの使いやすさで、クッション性の低いものだと手首が痛くなってしまいます。

そこでポイントとなるのがグリップがスポンジでできているかどうかで、スポンジであれば手首への負担を大幅に減らすことができます。

 

滑り止めの有無に関しては、滑り止めありのものを選ぶのをおすすめします。

というのも、滑り止めが付いていることでフローリングなどの床でも滑りにくく、ケガを防止することができます。

また、床を傷つけるの防ぎ、安定してトレーニングすることができるのもメリットです。

 

形状に関しては、床と平行なもの、傾斜の付いているもの、回転式のものなどがあり、最も一般的なのは平行なもの。

ただ、平行なものの場合は手首への負担がかかりやすいという特徴があります。

一方で傾斜式のものは手首への負担を減らすことができるため、効率よくトレーニングを行うことができます。

 

回転式のメリットは、より筋肉を収縮させられること。

通常のプッシュアップでは不可能な手首の捻りを加えることで、より負荷を高められます。



プッシュアップバーのおすすめ12選

Bodytech(ボディテック)プッシュアップバー

参考価格:1,576

サイズ:高さ/13cm グリップ幅/21cm

耐荷重量:100kg

傾斜で手首への負担を減らしたプッシュアップバー。

高い剛性を持つプラスチックを使用し、長期的に利用可能。

グリップにはスポンジが使われているので、手を痛めることなくトレーニングできます。

ACTIVE WINNER プッシュアップバー

参考価格:2,150

サイズ:高さ/13.5cm グリップ幅/23.5cm

耐荷重量:100kg

傾斜で手首の負担を軽減し、厚みのあるスポンジで手を保護したプッシュアップバー。

グリップは握りやすく、吸汗性も抜群。

軽量で頑丈なポリプロピレン製なので、耐久性にも優れています。

Reodoeer プッシュアップバー

参考価格:1,280

サイズ:高さ/12cm グリップ幅/22cm

耐荷重量:100kg

傾斜で手首への負担を減らしたプッシュアップバー。

高品質なスポンジで手を保護。

脚には滑り止めが付いているので、安全にトレーニング可能。

APPRETR プッシュアップバー

参考価格:1,425

サイズ:高さ/13.5cm グリップ幅/23cm

耐荷重量:300kg

厚いスポンジで手をしっかり保護できるプッシュアップバー。

スチール製で耐久性が高い。

滑り止めと大きい吸盤で安定性も高くなるよう設計されています。

Umi(ウミ)プッシュアップバー

参考価格:1,599

サイズ:高さ/15cm グリップ幅/25.7cm

耐荷重量:300kg

15度の傾斜がついたプッシュアップバー。

グリップは握りやすく設計され、土台には滑り止めが付いているので安定感が高い。

スチール製なので頑丈で長期的に利用可能。

Wolfyok プッシュアップバー

参考価格:1,699

サイズ:高さ/11.5cm グリップ幅/24.5cm

耐荷重量:320kg

耐荷重量320kgの強度と耐久性のあるプッシュアップバー。

脚には滑り止めが付いており、フローリングでも安全にトレーニング可能。

グリップには5mmの厚みのあるクッションが付いています。



PROIRON プッシュアップバー

参考価格:1,499

サイズ:高さ/15cm グリップ幅/25.7cm

耐荷重量:300kg

15度の傾斜で手首の負担を減らしたプッシュアップバー。

「工」字型の底面になっているため、ふらつきが少なく安定感が高い。

グリップには高弾性のスポンジが使われているので、手を痛めることなくトレーニングできます。

BODY SCULPTURE(ボディスカルプチャー)プッシュアップバー

参考価格:1,650

サイズ:高さ/15cm グリップ幅/24.1cm

耐荷重量:-

傾斜グリップで手首への負担を減らしたプッシュアップバー。

弾力性が高く握りやすいグリップ。

長時間の使用にも耐えることができる十分な耐久力があります。

adidas(アディダス)プッシュアップバー

参考価格:2,007

サイズ:高さ/11cm 幅/20cm

耐荷重量:110kg

軽量で滑りにくいプッシュアップバー。

グリップは握りやすく、鉄製なので頑丈。

デザイン性が高く、重厚感があるのも魅力的。

Harbinger(ハービンジャー)プッシュアップバー

参考価格:5,080

サイズ:高さ/11cm 幅/20cm

耐荷重量:181kg

摩擦が少なくスムーズに回転するプッシュアップバー。

パッド付きグリップで衝撃を軽減。

底面には滑り止めが付いているので、安定したトレーニングが可能。

Perfect Fitness プッシュアップバー

参考価格:4,980

サイズ:高さ/11cm 幅/20.3cm

耐荷重量:136kg

スムーズに360度回転するプッシュアップバー。

底面にラバーが付いているので、フローリングでも滑りを軽減。

握りやすく滑りにくいグリップで、手首への負担を減らします。

Bodytech(ボディテック)プッシュアップバー

参考価格:5,287

サイズ:高さ/12cm 幅/21cm

耐荷重量:136kg

360度回転可能なプッシュアップバー。

底面にはラバーコーディングが施され、安定感が高い。

動作しやすく握りやすいように設計されたグリップで、長時間のトレーニングでも活用できます。



まとめ

 

今回はプッシュアップバーのおすすめ12選を紹介しました。

自宅筋トレでは難しい負荷の向上を行うことができ、トレーニング効率を高められます。

また、床だと手首が痛くなりやすいですが、プッシュアップバーであれば手首への負担を軽減することができます。

ぜひ今回紹介したものを参考に、プッシュアップバーを活用してみてくださいね。