高負荷なトレーニングに欠かせないバーベルのおすすめ!自宅筋トレの効果を高めよう

BIG3であるベンチプレス、スクワット、デッドリフトを行うのに欠かせないバーベル。

しかし、バーベルにはいくつも種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、自宅筋トレに最適なバーベルを紹介するとともに、バーベルの選び方についても解説していきます。

自宅筋トレの負荷を高めたい方トレーニングのバリエーションを増やしたい方はぜひ参考にしてください。

目次

バーベルの選び方

バーベルはBIG3と言われるスクワットベンチプレスデッドリフトで利用され、高重量を扱う上級者には欠かせない筋トレグッズ。

そんなバーベルにはストレートバーEZバートライセプスバーWバーUバーの5種類があり、自宅筋トレでBIG3すべてを行いたい場合はストレートバーが最適です。

シャフトの長さは180~200cmが理想

バーベルのシャフトの長さは120cmの短いものから220cmの長いものまで幅広いサイズがあります。

自宅筋トレに最適なサイズは、180~200cmのバーベルシャフト。

短いものは扱いやすさがありますが、幅が狭くBIG3のトレーニングには不向きです。

180cm程度あれば持ち幅も広く高重量のプレートを活用することができます。

シャフトの太さは28mmと50mmの2種類

シャフトの太さには一般的に28mmと50mmの2種類があり、扱いやすさや重さに違いがあります。

28mmシャフトの特徴は、軽く持ちやすいこと。

特に筋トレ初心者や女性の場合いきなり高重量を扱うことはできないので、28mmシャフトでも十分です。

また、価格的にも28mmの方が低価格なため、自宅筋トレに取り入れやすいと言えます。

一方で50mmシャフトの特徴は、頑丈で高重量に耐えられること。

筋トレ中級者~上級者は100kg以上の重量を扱うため、頑丈さは重要なポイント。

ただ、自宅の場合は場所を取ってしまうこと、28mmシャフトに比べて価格が高いというデメリットもあります。

上級者は長さ220cm太さ50mmを

上級者がバーベルシャフトを選ぶ場合は、オリンピックシャフトを選ぶのが最適です。

オリンピックシャフトは長さが220cmあり、太さが50mmあります。

高重量に耐えられるだけでなく、持ち幅も広いためBIG3を行うには十分です。

また、競技にも活用されるサイズなので、競技練習としても活用できます。

バーベルのおすすめはこれ!

価格と品質の両立!IROTEC(アイロテック)バーベルシャフト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:8580円(税込、送料別) (2022/7/16時点)

長さ180cm
太さ28mm
重さ約9kg
POINT
低価格!

バーベルシャフトの価格帯は一般的に1万円を超えるものが多い中、IROTECのバーベルはそれ以下。

コストをかけずに自宅筋トレを始めたい方に最適と言えます。

POINT
品質へのこだわり

IROTECよりも安価な商品も販売されていますが、作りが粗悪なものが多いのも事実。

IROTECではコスト以上の品質を提供し、強度・扱いやすさも自宅筋トレにピッタリです。

POINT
自宅でも扱いやすいサイズ

ちょうどいいサイズ感の180cmシャフトで、限られたスペースで利用する方に最適。

本格さを求める方に!FitElite(フィットエリート)オリンピックバーベルシャフト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:24300円(税込、送料別) (2022/7/16時点)

長さ183cm
太さ50mm
重さ約15kg
POINT
本格的

本格的なオリンピックシャフトで、耐荷重量は約340kg。

自宅筋トレで高強度なトレーニングを行いたい方に最適です。

POINT
強度とサイズの両立

自宅の限られたスペースで最適な183cmでありながら、高重量に耐える強度。

POINT
ローレット加工

グリップ力を高めるローレット加工が施され、安全にそして快適にトレーニング可能。

ジムでも利用される!IVANKO(イヴァンコ)バーベルシャフト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:13200円(税込、送料無料) (2022/7/16時点)

長さ207cm
太さ28mm
重さ10kg
POINT
安心ブランド

1967年から長きにわたってウェイトトレーニング商品を販売し、数多くのジムやフィットネスクラブで利用されるブランド。

POINT
耐荷重量は約160kg

自宅で扱うには十分な耐荷重量で、207cmの長さがあるので様々なトレーニングに利用可能。

POINT
IVANKOのこだわり

IVANKOのバーベルシャフトの特徴は独自のローレット加工とバーベルカラー。

持ち手をギザギザの独自加工にすることでグリップ力を高め、カラーは「面」で固定することで固定力が高まるだけでなくバーベルが傷つくのを防ぎます。

お得に揃えられる!IROTEC(アイロテック)バーベルシャフトセット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:41800円(税込、送料別) (2022/7/16時点)

長さ180cm
太さ28mm
重さ120kg
POINT
セットでお得に!

バーベルシャフトを使う際にはプレートも必須ですが、プレートを単体で購入すると意外と高くついてしまいます。

しかし、バーベルシャフトとプレートをセットで購入することでかなりお得に購入できます。

POINT
IROTECではセットと単体でいくら違う?

IROTECのバーベルシャフトセット120kgと単体で購入した場合の差は17,160円です。

この差はIROTECの20kgプレートが2枚無料になる計算になります。

(価格は2022/7月時点の価格を比較)

POINT
選べる重さとシャフトの長さ

IROTECのバーベルシャフトセットは60kg/80kg/120kg/160kgから重さを選択でき、シャフトは160cm/180cm/200cm(プラス料金)から選択できます。

また、プレートに付けるラバーが付いたセットもあり、床を傷つけたくない方に最適です。

まとめ

今回はバーベルのおすすめを紹介しました。

バーベルを活用することでベンチプレス、スクワット、デッドリフトなど高負荷なトレーニングを行うことができます。

また、自宅筋トレでは限られてしまうトレーニングバリエーションも増やせるので、効率よく筋肥大をさせられるメリットも。

ぜひ今回紹介したものを参考に、自分に合ったバーベルを見つけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる