パワーグリップのおすすめとは?選び方や効果、使用方法についても解説




デッドリフトやベントオーバーローなどに欠かせないパワーグリップ。

握力を補助することで通常よりも高重量を扱うことができるようになります。

今回はトレーニング効果を高めるパワーグリップのおすすめと効果、使用方法について解説。

どのパワーグリップを使えばいいのか、どんな効果があるのかなど、これからパワーグリップを使おうと思っている方はぜひ参考にしてください。

 

パワーグリップの効果とは?

 

パワーグリップの一番の効果は、握力の補助

疲労で握力が低下」「元々握力が弱い」といった方がパワーグリップを使うことで、握力への負担を減らすことができます。

デッドリフトなどを行っていると「鍛えたい部分よりも先に握力に限界」がきやすいですが、パワーグリップを利用することで鍛えたい部分にしっかりと負荷をかけられます。

 

また、パワーグリップには鍛えたい部分を意識して鍛えることができるという効果も。

握力が無い場合、意識が握力に向いてしまいますが、パワーグリップでそれを防ぐことが可能。

他にも、手に負担をかけないことでマメができるのを防ぐ効果もあります。



パワーグリップの選び方

 

パワーグリップの選び方で重要なのは、グリップの強度サイズの2つ。

グリップの強度が弱い場合、重さに耐えることができず破損してしまったり、バーから外れてしまったりする可能性があります。

グリップ強度が高くフィット感のあるものを選ぶことで、パワーグリップ選びの失敗を防ぐことができます。

 

サイズに関しては、手首の太さによって選びます。

メーカーによってサイズは異なるため、選ぶときはメジャーで手首の太さを計っておくことをおすすめします。

パワーグリップは手首にひっかけるようにすることで握力への負荷を減らすため、サイズが適切でないと手首を痛めてしまったり、力をうまく使えなかったりするのでサイズには注意しましょう。

 

また、パワーグリップには革の製品や鉄の製品もありますが、基本的にはラバー素材(ゴム)のものが使い勝手が良いです。

滑りにくく、グリップ力も高いため、トレーニング効果を最大限に高めることができます。



パワーグリップのおすすめ

 

ALLOUT

参考価格:2,980

サイズ:S(15~16.5cm)

    M(16.6~21cm)

    XL(21cm以上)

低価格で高品質なパワーグリップ。

長めのベロでグリップ力を強化。

バーへのフィット感も高く利便性もいい。

king2ring

参考価格:2,980

サイズ:S(14~17cm)

    M(17~19cm)

    L(18~21cm)

引っ張る強度が304kgと、高重量にも耐えられるパワーグリップ。

カラーはブラック・カモ・ピンクなど6カラーから選択可能。

30日間の返金保証付きなので万が一のときも安心。



GOLD ‘ S GYM

参考価格:8,029

サイズ:S(16cm)

    M(18cm)

    L(21cm)

トップアスリートも使用する高品質パワーグリップ。

滑りにくく高いグリップ力が特徴。

ベロも十分な長さがあるので初心者でも利用しやすい。

VERSA GRIPPS

参考価格:8,780

サイズ:XS(12.7~15.2cm)

    S(15.2~17.8cm)

    M(18.2~20.3cm)

    XL(20.3cm以上)

独自設計された素材を使用した業界トップクラスのパワーグリップ。

科学的に設計された優れたグリップ力が特徴。

手と手首を保護することで血液の循環を促進。

カラーはブラック・ピンク・ゴールドなど10カラーから選択可能。

Schiek

参考価格:4,480

サイズ:S(16.5cm以下)

    M(16.5~19cm)

    L(19cm以上)

ゴムを二重に縫い合わせた頑丈なパワーグリップ。

抜け落ち防止のパッド入り。

カラーはブラック・ピンク・レッド・ブルーの4カラーから選択可能。

パワーグリップの使い方

 

1.パワーグリップの左右を確認

2.ベロを手のひら側にして手首にベルトを巻く

3.引く動作(プル系)はベロを下から巻き込むようにして握る

3.押す動作(プッシュ系)は上から巻くようにして握る

 

パワーグリップが大きく効果を発揮するのがプル系の種目で、懸垂やデッドリフト、ベントオーバーロー、ラットプルダウンなどがこれにあたります。

これらの種目は高重量を扱うことが多く握力への負担が大きいため、パワーグリップがとても役に立ちます。

一方で、プッシュ系のベンチプレスやダンベルプレスなでは握力をあまり使わないので、握力の補助というよりは手の保護がメインになります。



パワーグリップとリストストラップとの違いは?

 

パワーグリップと同じように握力を補助するリストストラップ。

この2つの違いは、ホールド力・利便性・価格に違いがあります。

 

パワーグリップの場合は巻き付ける回数が少ないため、ホールド力はリストラップに劣りますが手軽に利用できるというのがメリット。

反対にリストストラップの場合は、巻く回数が多いためホールド力が高く比較的安価で購入できるメリットがある反面、何度も巻くので利便性はパワーグリップに劣ります。

初心者の場合は利用しやすいパワーグリップを活用し、上級者の場合はリストラップを活用するのがおすすめです。

まとめ

 

今回はパワーグリップのおすすめについて解説しました。

パワーグリップは背中のトレーニングを中心に利用でき、トレーニング効果を高めることができます。

ぜひ紹介したものを参考に、自分に合ったパワーグリップを見つけてくださいね。