Instagramはこちらから→ kekefit.official

トライセプスキックバックのやり方とは?自重トレーニングで腕を効果的に引き締めよう!

ダンベルを使った上腕三頭筋のトレーニングであるトライセプスキックバック。

上腕三頭筋は日常生活ではあまり多く使わないため筋力が弱っている方は少なくありません。

しかし、トライセプスキックバックを行うことで上腕三頭筋を鍛えることができ、シェイプアップした腕を手に入れることができます。

今回はそんなトライセプスキックバックのやり方について解説していくので、ざひ参考にしてください。

目次

トライセプスキックバックで鍛えられる筋肉は?

トライセプス(上腕三頭筋)キックバックは、名前の通り上腕三頭筋をピンポイントに鍛えられるトレーニング。

上腕三頭筋は日常生活で使う機会が少ないため脂肪が付きやすいという特徴がありますが、トレーニングをすることで引き締めを実感しやすいという特徴もあります。

また、腕を太くしたいといった方は上腕二頭筋や三角筋に加えて上腕三頭筋を鍛えることで腕全体を太く見せることができます。

トライセプスキックバックのやり方

STEP

片手にダンベルを持って立ち、もう片方の手を机や椅子に置く

STEP

体を前傾させて顔は下を向くようにする

STEP

ダンベルを持っている方の肘を90度に曲げる

STEP

肘を動かさないようにしながら腕が床と平行になるところまで上げ、元の位置に戻して反復する

トライセプスキックバックのポイント

POINT
肘は固定する

肘が固定されずに動いてしまうと負荷を最大化することができずトレーニング効果を下げてしまいます。

POINT
反動は使わない

体全体を使っての反動や勢いをつけて動作してしまうと上腕三頭筋への負荷が減るだけでなく、肘関節などを痛める可能性があるので注意しましょう。

POINT
肘をしっかり伸ばす

トライセプスキックバックでは最後にしっかりと腕を伸ばすことで負荷を高めることができる種目です。

そのため、ダンベルの重量は腕を完全に伸ばせる重量に設定しましょう。

まとめ

今回はトライセプスキックバックのやり方を解説しました。

トライセプスキックバックは上腕三頭筋に高負荷をかけられるトレーニングです。

ぜひ実践して腕を追い込んでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる