HMBのおすすめ10選!筋トレやダイエットの効果を高めるために活用しよう




筋トレの効果を高めるHMB。

アスリートやボディビルダー、トレーニー以外にも、ダイエットをしている女性の利用も増えています。

今回はそんなHMBのおすすめ10選を紹介するとともに、HMBの選び方や効果についても解説していきます。

HMBを摂取しようか迷っている方、HMBはどれを選べばいいのかわからない方はぜひ参考にしてください。

 

HMBとは?

 

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸の中で、体内で合成できない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸の中でも特に筋肉に重要なアミノ酸が分岐鎖アミノ酸(BCAA)で、バリン・ロイシン・イソロイシンがそれにあたります。

 

この3種類の内のひとつであるロイシンが体内で代謝されてできる物質がHMB

ただ、摂取したロイシンのうち約5%程度しかHMBが合成されないため、サプリメントでの摂取が効率がいいと考えられます。



HMBの効果とは?

 

HMBの効果としては、筋タンパク質合成の促進と筋タンパク質分解の抑制の2つの効果があります。

HMBを摂取することで筋タンパク質合成を促進させるm-TOR(エムトール)を活性化させ、筋肥大を効率よく進めることができます。

また、筋タンパク質分解を促進するユビキチンプロテアソーム系の働きを阻害する働きもあります。

 

ユビキチンプロテアソーム系は不要なタンパク質を分解する働きがあり、この働きを抑えることで筋肉の分解を防ぐことが可能。

 

 

筋肥大において筋タンパク質分解を防いで筋タンパク質合成を促進することは重要ですが、ダイエットにおいても筋タンパク質分解を防ぐことはとても重要です。

 

 

筋肉が分解されてしまうと、メリハリのないカラダになるだけでなく代謝を低下させてしまいます。



HMBの選び方

 

HMBにはパウダータイプタブレットタイプの2種類がありますが、比較的おすすめなのがタブレットタイプです。

その理由としてはHMBは独特な味があるため飲みにくく、タブレットタイプの場合は味や臭いを気にすることなく利用することができます。

 

また、HMBにはHMBカルシウム(HMB Ca)HMB遊離酸(HMB FA)の2種類があり、それぞれ吸収スピードと吸収率に違いがあります。

HMBカルシウムは吸収が遅く摂取から1~2時間後にピークを迎え、HMB遊離酸は吸収スピードが早く摂取から30分程度でピークを迎えます。

吸収率に関してはHMBカルシウムよりもHMB遊離酸の方が優れていますが、HMB遊離酸の方がその分値段も高い傾向にあります。

 

なので、初心者の場合はタブレットタイプの低価格で手に入るHMBカルシウムがおすすめ。

価格の判断基準に関しては、1日の推奨量である3gあたりの価格で比較することでお得なHMBを見つけることができます。

 

HMBのおすすめ10選!

Optimum Nutrition(オプティマムニュートリション)HMBカプセル

参考価格:4,980

タイプ:カプセル

HMB3gあたりの価格:166円

プロテイン世界シェアNo.1のオプティマムニュートリションのHMBカルシウムカプセル。

HMBを開発したMIT社の高品質なHMBを使用。

3カプセルで1日の推奨量を摂取することができます。

HLUX-FACTOR(ハルクファクター)HMBタブレット

参考価格:2,780

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格:91円

徹底した品質管理を行う国内工場で生産されたHMBカルシウムタブレット。

15粒で1日の推奨量である3gを摂取することができ、2gのクレアチンモノハイドレートも同時に摂取可能。

タブレットの大きさも10mmなので、カプセルタイプよりも飲みやすくなっています。

BULKEY(バルキー) HMB POWERBOOST タブレット

参考価格:1,980

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格:66円

国内で製造されたHMBカルシウムタブレット。

1日の推奨量は12粒摂取することで1日の摂取目安を満たすことができます。

1粒あたりのカロリーが1kcalなので、12粒飲んでもたったの12kcalです。

HMB3gあたりの価格が低いため、安さを求めている方にも最適。

ULBO(アルボ) HMBタブレット

参考価格:1,980

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格:66円

国内工場で製造された低価格なHMBカルシウムタブレット。

たったの6粒で1日の推奨量を満たすことができるため、飲み続けやすい。

ジップタイプなので持ち運びにも便利。

NOW Foods(ナウフーズ)HMBタブレット

参考価格:2,720

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格:90円

アメリカで人気の高いサプリメントメーカーであるナウフーズのHMBカルシウムタブレット。

製造・品質を管理するGMP認定工場で製造されているため安心して利用可能。

たったの3粒で1日の摂取量目安を満たすことができます。



MUSCLETECH(マッスルテック)HMBカプセル

参考価格:10,788

タイプ:カプセル

HMB3gあたりの価格:256円

吸収効率の高いHMB遊離酸カプセル。

9粒で3.1gのHMB遊離酸を摂取可能。

L-カルニチンを配合することで脂肪燃焼効果を高めています。

協和食研 HMBタブレット

参考価格:2,480

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格:82円
国産にこだわったHMBカルシウムタブレット。

不純物除去によって高純度なHMBになっており、原材料はすべて国産。

12粒で1日の摂取量を満たすことができます。

TOKYOサプリ ドラゴンマッスル HMBタブレット

参考価格:2,680

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格:80円

国内工場で製造されたHMBカルシウムタブレット。

薬剤師監修のもと作られ、ダイエットサポート成分と筋肉に欠かせないBCAAやクレアチンなどのアミノ酸も配合。

6粒で1日の推奨量のHMBを摂取することができます。

HMB以外の内容にもこだわりたい方に最適なHMBです。

鋼(ハガネ)HMBタブレット

参考価格:2,980

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格:99円

衛生管理・品質管理を徹底した国内工場で製造されたHMBカルシウムタブレット。

HMBと同量のクレアチンを含んでおり、トレーニング効率をより高めます。

高品質にこだわって製薬会社と共同で開発。

18粒で1日の推奨量のHMBを摂取することができます。

BULK HERO(バルクヒーロー)HMBタブレット

参考価格:1,480

タイプ:タブレット

HMB3gあたりの価格: 49円

国内工場で製造された薬剤師監修HMBカルシウムタブレット。

圧倒的な低価格で、1日約50円でHMBの1日の摂取量を摂ることができます。

12粒で推奨量を摂取することが可能。



まとめ

 

今回はHMBのおすすめ10選を紹介しました。

HMBには筋タンパク質合成促進と筋タンパク質分解抑制の効果があります。

筋トレをしている方はもちろんのこと、ダイエットをしている方にも最適。

また、筋トレをしている方は一緒にクレアチン含んでいるもの、ダイエットをしている方は脂肪燃焼効果のある栄養素を含むものを利用するのもおすすめです。

今回紹介したものを参考に、HMBを生活に取り入れてみてくださいね。