プロテインは女性が飲んでもいいのか?飲み方や選び方について解説




筋肉や肌、髪の毛をはじめ、カラダを構成する重要な栄養素であるタンパク質。

この重要な栄養素であるタンパク質を手軽に補えるのがプロテインです。

しかし、「プロテインはマッチョが飲むものじゃないの?」「女性が飲むと太るって聞いたんだけど」と、女性の場合プロテインに少し抵抗があるという方も少なくありません。

そこで今回は、プロテインを女性が飲む理由や飲み方、選び方について解説していきます。

プロテインを飲もうか迷っている方」「プロテインについて知りたい方」はぜひ参考にしてください。

 

プロテインとは?

 

そもそもプロテインってどんなもの?と疑問に思っている方もいますよね。

プロテインは英語で「タンパク質」を意味しており、お肉や魚、牛乳などに含まれるタンパク質を手軽にとれるようにしたのがプロテインです。

 

 

プロテインを飲むと筋肉がついてマッチョになってしまう!」と心配になる方もいますが安心してください。

プロテインは飲むだけで筋肉がつくような魔法の粉ではなく、普段の食事で不足しているタンパク質を補うためのサプリメントにすぎません。

むしろ、プロテインでタンパク質を補うことでダイエットのサポートをしてくれたり、健康的なカラダ作りをサポートしてくれます。

 

プロテインを飲むと太るのか

 

「プロテインを飲むとマッチョになる!」と同じくらい耳にするのが「プロテインを飲むと太ってしまう!」というもの。

プロテイン=タンパク質であることは先ほど説明しましたが、お肉や魚を食べたからといって簡単に太る!といったことは起こりません

もちろん、お肉や魚をたくさん食べれば太るように、プロテインを過剰に摂取すれば太ることはあります。

 

 

このように摂取カロリーが消費カロリーを上まってしまえば太る原因となり、反対に摂取カロリーが消費カロリーを下回っていれば太ることはありません

なので、根本的な太る原因は普段の食習慣や運動習慣などの生活習慣に問題があり、「プロテインを飲むだけで太る!」というのは間違った考え方です。



女性がプロテインを飲む理由とは

 

人間のカラダに必要な三大栄養素のひとつでもあるタンパク質が不足すると、筋力の低下肌質・髪質の低下集中力の低下などを引き起こす可能性があります。

しかし、普段の食事で必要な分のタンパク質を食べ続けるのは難しく、特に忙しい朝はタンパク質が不足しがちになります。

 

 

このような食事にプロテインを活用することで手軽にタンパク質を補うことができ、1日の栄養バランスを整えることができます。

また、ダイエット中にプロテインを飲むことで糖質や脂質を抑えながらタンパク質を摂ることができるので、「カロリーが気になる!」といった方にもぴったりです。

女性のプロテイン活用法

 

ダイエット中のプロテイン活用法

 

ダイエット中にプロテインを活用するメリットは、筋肉の分解を防ぐこと満腹感が得られること余分なカロリーを摂らずにタンパク質のみを摂れることの3つです。

カラダのエネルギーとなる糖質が不足すると、筋肉にあるアミノ酸が分解されてエネルギーとして利用されてしまいます。

つまり、栄養不足によって筋肉が分解され、痩せてもメリハリのないカラダになってしまいます。

 

 

筋肉の分解が進むと筋肉量の減少を招いてしまうだけでなく、基礎代謝の低下を招きます。

それを防ぐためにも不足したタンパク質をプロテインや食事で補い、一定量のタンパク質を摂り続けることが大切です。

 

また、プロテインの中には満腹感を感じやすいものがあり、それがソイプロテイン(大豆を原料にしたもの)です。

ソイプロテインは最も一般的なプロテインであるホエイプロテインよりも脂質が少なく、吸収に時間がかかるため満腹感が持続します。

ダイエット中の女性が多く利用しているのがソイプロテインで、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持つイソフラボンも含まれています。

 

 

ダイエットにおいて無駄な糖質や脂質を摂らずにタンパク質を補えるプロテインはとても便利で、朝食にオートミールとプロテインを活用すればバランスのとれた食事にすることができます。

 

ダイエット中のプロテインを飲むタイミングは、朝食前、トレーニング後、寝る前です。

起きたときは筋肉が分解されやすい状態のため、朝食前にプロテインを飲むことで筋肉に材料を届けます。

また、朝は栄養が枯渇した状態なので、摂取した栄養が吸収されやすいという特徴もあります。

 

 

 

トレーニング後は「ゴールデンタイム」と言われるタンパク質を摂取する最高のタイミングで、これを活用することで筋肉量を効率よく増やすことができます。(トレーニング後30分以内に摂取するのが理想

先ほど朝は栄養が枯渇した状態で筋肉が分解されやすいと言いましたが、それをできる限り防ぐためにも寝る前のプロテインも重要です。



体重を増やすときのプロテイン活用法

 

女性の中には痩せすぎてしまったので太りたい!」という方もいますよね。

増量で大切なのは、摂取カロリーを消費カロリーよりも増やすこと。

ただ、揚げ物やジュースなど高カロリーなものばかりを摂ってしまうと体脂肪だけが増えてしまい、肥満体型になってしまいます。

 

それを避けるためには、バランスのとれた食事+トレーニングが必要になります。

 

 

バランスのとれた食事でしっかりとタンパク質を補いながら、トレーニングで筋肉量を増やしていきます。

 

増量をしたいときに適したプロテイン摂取のタイミングは、朝、トレーニング後、間食、寝る前です。

間食にプロテインを利用することで筋肉をしっかりと維持できるだけでなく、カロリーを増やすこともできます。

また、増量でプロテインを利用する場合は、増量向けのプロテインがおすすめです。

増量向けのプロテインにはマルトデキストリン(糖質)が含まれており、「たくさん食べれない!」という方にも適しています。



カラダを維持するときのプロテイン活用法

 

カラダを維持するときに大切なのは、タンパク質が不足して筋肉の分解が進まないようにすること。

 

 

筋肉を維持するためには最低でも体重×1gのタンパク質が必要と言われており、体重50kgの人の場合は50gのタンパク質摂取が不可欠です。

また、筋肉を維持するためにはトレーニングも欠かすことができず、トレーニングを辞めてしまうと徐々に筋肉量は減少していきます。

 

カラダの維持のときに適したプロテイン摂取タイミングは、朝、トレーニング後、寝る前です。

先ほども述べましたが、朝と寝る前は筋肉の分解を防ぐため、トレーニング後は筋肉量を増やすために重要なタイミングとなります。

 

女性のためのプロテインの選び方

 

最近では女性向けのプロテインも販売されるようになり、目的に合わせて様々なものを選ぶことができます。

しかし、実際のところ、何を選ぶのが正解なのかわからないというのが正直なところではないでしょうか。

プロテイン選びで大切なポイントは、目的に合わせて選ぶことです。

 

体重を減らしたい方と体重を増やしたい方とでは、適したプロテインの種類も異なります。

また、栄養を重視したい方や価格を重視したい方もいると思います。

そのため、まずはどんな時にどんな目的でプロテインを利用したいのか考える必要があります。

ダイエット中はソイプロテイン

 

ソイプロテインの特徴は、脂質が少ないこと、満腹感、エストロゲンに似た作用のイソフラボンが含まれていること

そのため、ダイエットにおいてはソイプロテインが最適です。

 

選び方としては、十分なタンパク質量が摂取できるかということ。

ソイプロテインはタンパク質量が少ない商品が多く、20g以上のタンパク質が含まれているものは少ないと言えます。

ダイエット中は食事制限などでタンパク質が少なくなりがちなので、しっかりとタンパク質が摂れるものを選ぶようにしましょう。

 

 

ウェリナのプロテインには1食あたり20g以上のタンパク質や水溶性食物繊維のイヌリンが含まれているので、ダイエットに最も適したソイプロテインです。

増量中はホエイプロテイン

 

増量中はしっかりとタンパク質が摂取できることと、マルトデキストリンでの糖質を補うことができるプロテインが最適。

トレーニング後はエネルギーが不足しますが、そこでエネルギー源である糖質と筋肉の材料となるタンパク質を補うことで効率よく筋量を増やすことができます。

 

 

 

また、マルトデキストリンを含むプロテインはカロリーが通常のプロテインよりも高いので、効率よく増量できます。

 


グリコパワープロダクションには、1食あたり約24gのタンパク質と約32gの炭水化物が含まれており、増量をスムーズに進めることができます。



筋肉維持にはソイorカゼイン

 

筋肉を維持していくときに重要なのが、筋肉をできる限り分解させずに維持していくこと。

そのため、吸収に時間がかかるプロテインであるソイプロテインとカゼインプロテインが最適なプロテインとなります。

吸収に時間がかかるということは、筋肉の材料となる時間を伸ばすことにつながります。

 

ただ、朝やトレーニング後などのタンパク質を素早く吸収したいときには向いていないので、そのときはホエイプロテインを活用するのがおすすめです。

 

 

PPNのカゼインプロテインは1食で約25gのタンパク質を摂取することができ、タンパク質含有率が90%以上と非常に高いのが特徴です。

価格重視型プロテイン

 

価格を重視する人は、タンパク質1gあたりの価格をチェックすることがとても大切です。

 

例えば、A:1kg3000円でタンパク質含有率が70%のプロテイン、B:1kg3500円でタンパク質含有率が85%のプロテインの2つを比較した場合、Aはタンパク質1gあたり4.28円でBはタンパク質1gあたり4.11円です。

 

このようにプロテイン1kgあたりの価格を比較すると安く感じる商品でも、タンパク質1gあたりの価格でみると割高なプロテインの可能性があります。

 

 

グロングのプロテインはタンパク質1gあたりの価格が2円と、かなり低価格なプロテインで、フレーバーの種類も豊富なのが魅力です。

 

美容成分重視型プロテイン

 

女性の中には美容成分を重視して選びたい!という方もいますよね。

そんな方におすすめなのが、タンパクトオトメの美容専門プロテインです。

 

 

タンパクトオトメには、コラーゲンペプチドやヒアルロン酸、ビタミン、ミネラルなどが配合されており、タンパク質を補いながら美容成分も摂ることができます。

まとめ

 

今回はプロテインは「女性が飲んでもいいのか?」について解説しました。

プロテインは男性のためのものではなく、女性にもとてもおすすめなもの。

タンパク質の不足は、ダイエットや健康、美容面でも悪影響を及ぼしてしまいます。

普段の食事でタンパク質が足りていない方やダイエット中でカロリーを抑えたい方は、プロテインを利用して効率よくタンパク質を摂取してくださいね!