プロテインの副作用とは。飲むときのデメリットを解説




近年、スポーツ選手やトレーニー、ダイエッターなど、幅広い方が利用するようになったプロテイン。

手軽にタンパク質を補うことができるというメリットに加え、最近では飲みやすさやフレーバーの種類も豊富になっています。

そんな一般に利用が広がったプロテインですが、利用者が増えることで副作用などのデメリットについて不安視する声も。

そこで今回は、「プロテインに副作用はあるのか」について解説していきます。

プロテインを飲みたいけど副作用が気になる方、プロテインを飲むにあたってマイナス面も知りたい方はぜひ参考にしてください。

プロテインの副作用

プロテインは英語で「タンパク質」を意味しており、その名の通り不足しがちなタンパク質を手軽に摂れるようにした健康食品です。

そのため、健康的な人に向けて作られたものであり、薬のような何かを治す効果はありません。

「副作用」は一般的に薬に利用される言葉であり、プロテインなどの健康食品には必ずしも適切な表現ではないと言えます。

では、プロテインを飲むことでデメリットは何もないのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

プロテインがカラダに適さないという方は少なからず存在しており、腎臓や肝臓に持病を抱えている方は特に注意が必要です。

しかし一方で、健康体の人がプロテインを飲んだことで病気になったという確固たるエビデンスが存在していないのも事実。

なので、プロテインを飲むときには摂取量を守り、自分のカラダに適切な量を知ることがとても大切なことになります。

プロテインの注意ポイント

プロテインの過剰摂取

プロテインはタンパク質を手軽に摂れるようにしたものなので、食材からタンパク質をとる場合に比べて、多量に摂取しやすいという特徴があります。

プロテインを過剰に摂取すればその分筋肉がつくと考えている人もいますが、これは大きな間違い。

タンパク質は一定量を摂取すると、血中アミノ酸濃度は頭打ちになり筋肉合成の作用はそれ以上変わりません。

むしろ過剰摂取により太る原因になったり、腎臓や肝臓が弱い人の場合は悪化させたりする可能性があります。

しかし、ここで注意したいのがあくまでもプロテインは健康食品であって、健康な人向けに作られているということ。

健康体の人がプロテインを過剰摂取したことで腎臓や肝臓に悪影響を与えたというエビデンスはありません

乳糖不耐症

プロテインと聞くと、ホエイプロテインを一番に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ホエイプロテインは牛乳を原料にして作られているプロテインで、最も利用者の多いプロテインです。

そんな人気・知名度ともに高いホエイプロテインには、乳糖(ラクトース)が含まれており、これによってお腹を下してしまうというマイナス面があります。

日本人の約20%~30%の人はこの乳糖によってお腹の調子が悪くなる(乳糖不耐症)と言われており、注意が必要です。

乳糖不耐症の人は、ホエイプロテインの中でも純度の高いWPIという商品を利用するか、ソイプロテインなどの植物性プロテインを活用することで安全にプロテインを飲むことができます。

プロテインは適量を意識する

プロテインは過剰に摂取したからといってカラダにいい影響を与えるわけではなく、適量を摂取することが大切です。

そのためには、1日の適切なタンパク質量を知る必要があります。

特に運動やスポーツを日常的に行わない人の場合は体重×0.66gのたんぱく質、運動やスポーツを日常的に行う人は体重×1.4~2g程度のたんぱく質を摂取するのが目安となります。

例えば、日常的に運動をしている体重70kgの人の場合、98~140gのタンパク質の摂取が目安。

タンパク質の摂取に関しては、1度にたくさんの量を摂取するのではなく、数回に分けて摂取するのが重要です。

というのも、タンパク質を1度で100g近く摂るのは現実的でないうえ、吸収できなかった分は排出されてしまいます。

また、少なすぎる場合もNGで筋肉合成を促すことができません。

タンパク質の1回の摂取量は20~30gが理想的なので、毎食バランスよくタンパク質を摂るようにしましょう。

プロテインの活用方法

プロテインは手軽にタンパク質を補うことができ、筋トレやダイエットなどでも欠かせません。

そんなプロテインにはホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインの3種類のプロテインがあり、用途に合わせて使い分けすることができます。

ホヘイプロテイン カゼインプロテイン ソイプロテイン
・牛乳を原料としたプロテイン

・吸収性が高くトレーニング後などにおすすめ

・最も一般的なプロテイン

・牛乳を原料としたプロテイン

・吸収性が高くないので就寝前や休息日におすすめ

・満腹感の持続が期待できるのでダイエットにもおすすめ

・大豆を原料としたプロテイン

・ベジタリアンの方や乳製品が体に合わない人にもおすすめ

・満腹感の持続が期待できるのでダイエットにもおすすめ

このように用途に合わせて利用することで、プロテインの利点を最大限に高めることができます。

ホエイプロテインコスパランキングTOP10!100商品を徹底比較

2021年3月21日

プロテイン50種類を徹底比較!ランキングTOP10はこれだ

2021年1月14日

ただ、プロテインは多くのメーカーから販売されているため、どのプロテインがいいのかわからないという方もいますよね。

そのような方は、Myproteinの初回お試しを利用してみるのがおすすめです。

Myproteinは豊富なフレーバーと低価格が特徴で、世界110ヵ国以上で販売されているヨーロッパNO.1スポーツ栄養ブランド。

お試しプロテインはホエイプロテイン1kgにシェイカーがついて1,890円なので、国内のプロテインよりも低価格でプロテインを試すことができます。

まとめ

今回はプロテインの副作用について解説しました。

プロテインは健康体の人が飲んでも大きなデメリット示すエビデンスがないというのが現状です。

そのため、プロテインを利用するときには「1日の適切なタンパク質量」を意識して利用するのが大切。

また、カラダになにか不調が出た場合には無理に利用するのではなく、医師に相談するようにしましょう。