Instagramはこちらから→ kekefit.official

サイドレッグレイズのやり方とは?自宅で簡単にできる簡単トレーニングを紹介

脚を上下に動作させるトレーニングであるサイドレッグレイズ。

中殿筋や腹斜筋を鍛えることができ、自宅にいながら簡単にシェイプアップさせることができます。

今回はそんなサイドレッグレイズのやり方とポイントを解説していきます。

股関節周りをシェイプアップさせたい方、自宅筋トレのメニューに迷っている方はぜひ参考にしてください。

目次

サイドレッグレイズで鍛えられる筋肉は?

サイドレッグレイズでは主に中殿筋と腹斜筋を鍛えることができます。

中殿筋はお尻の筋肉を構成している殿筋群のひとつ。

日常生活では歩行で使われる筋肉で、鍛えることで骨盤の安定やヒップアップを目指すことができます。

腹斜筋はわき腹あたりに位置する筋肉で、コルセットのようにお腹周りを覆っています。

そんな腹斜筋は体を捻る動きや横に曲げる動きで使われ、鍛えることで体幹を強くすることができます。

また、お腹周りを引き締めることでクビレを作ることができ、メリハリのある体へと変えられます。

サイドレッグレイズを行うときはこの2つの筋肉を意識してトレーニングしましょう。

サイドレッグレイズのやり方

STEP

まっすぐ横向きに寝そべり、下側の手で頭、上側の手で下半身を支えます

STEP

上側の足を上に持ち上げる

STEP

足同士がギリギリつかないところまで戻し、反復する

サイドレッグレイズのポイント

POINT
足は横に上げる

足を上げるときは横に上げるようにし、前に上げないようにすることが大切です。

足を前に上げてしまうと他の筋肉に効いてしまうので、横あるいは少し後ろ側に上げるようにしましょう。

POINT
骨盤は固定する

サイドレッグレイズでは足を上げる動作を行うため、体勢が崩れて骨盤が前後しやすくなります。

骨盤が前後することで正しく負荷をかけられなくなるので、手でしっかりとサポートするようにしましょう。

まとめ

今回はサイドレッグレイズのやり方を解説しました。

サイドレッグレイズでは日常生活で衰えやすい腹斜筋と中殿筋を鍛えることができ、これによって体の安定感を高めることができます。

ぜひサイドレッグレイズを取り入れ、バランスのとれた体を目指してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる