エクストラバージンオリーブオイルのおすすめ15選!本物のオリーブオイルはこれ

イタリア料理を中心として様々な料理に活用できるオリーブオイル。

そんなオリーブオイルの中でも特に高品質とされるものがエクストラバージンオリーブオイルです。

しかし、エクストラバージンオリーブオイルの中には偽物が多く出回っており、本物だと思っていたが偽物だったなんてことも少なくありません。

そこで今回は、本物のエクストラバージンオリーブオイルのおすすめ15選を紹介していきます。

高品質なオリーブオイルを探している方オリーブオイル選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

 

オリーブオイルの効果

 

油は不飽和脂肪酸の違いからオメガ3・6・9系の3つに分けられます。

 

 

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸はオメガ9系の脂肪酸であるため、オリーブオイルはオメガ9系の油に分類されています。

オメガ9系油の特徴は、体内でも合成することができるということ。

そのため、比較的不足しにくい油であり多量に摂取する必要はありません。

 

では、オメガ9系に分類されているオリーブオイルを摂取するメリットとは何か。

それは食事で過剰摂取になりやすいオメガ6系の代用として利用できる点オレイン酸による生活習慣病の予防効果が期待できる点です。

 

比較的不足しやすいオメガ3系の油は熱に弱いという特徴がありますが、その点オメガ9系のオリーブオイルは熱に強いという特徴があります。

つまり、過剰摂取になりやすいオメガ6系の油の代用としてオリーブオイルを利用することで、オメガ6系の過剰摂取によるアレルギー性の疾患や生活習慣病の予防をすることができます。

 

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸による生活習慣病の予防に関しては、オレイン酸が悪玉コレステロールを減らすことで動脈硬化や高血圧などの予防に効果的だと言われています。

また、オリーブオイルは強い抗酸化作用をもつビタミンEやポリフェノールを含んでおり、体内の酸化を防ぐことで肌の老化防止や免疫組織の働きを活発にさせる効果も期待できます。

*こちらの記事もおすすめ

オリーブオイルとエクストラバージンオリーブオイルの違いとは?健康的な油を選ぼう



エクストラバージンオリーブオイルの選び方

 

エクストラバージンオリーブオイルには様々なものが販売されていますが、日本で販売されている多くのものがニセモノと言われています。

その理由は、エクストラバージンオリーブオイルの品質に関する基準が日本と世界では異なっている点にあります。

 

海外ではIOC(国際オリーブ協会)の基準を満たしたもののみがエクストラバージンオリーブオイルと名乗ることができ、その基準のひとつが酸度です。

IOCの基準では酸度0.8%以下のオリーブオイルがエクストラバージンオリーブオイルと名乗ることができますが、JAS(日本農林規格)の場合は酸度2%以下であればエクストラバージンオリーブオイルと名乗ることができます。

つまり、日本の基準は酸度ひとつをとっても基準が甘く、エクストラバージンオリーブオイルよりも低品質なピュアオリーブオイルを混ぜたものも販売されています。

 

では、どのようにして選べばいいのかというと、以下の3つのポイントを確認することで高品質なエクストラバージンオリーブオイルを選ぶことができます。

 

IOCの基準をクリアしているか

IOCに日本で唯一加盟しているJOA(日本オリーブ協会)認定マークがあるか

国際エキストラバージンオリーブオイルコンテストで受賞しているか

 

この3つを基準にして選ぶことで高品質なエクストラバージンオリーブオイルを選ぶことができますが、特に注目したいのが国際コンテストでの受賞歴です。

日本でも国際コンテストが開催されており、それがOLIVE JAPAN®国際オリーブオイルコンテスト

このような国際コンテストでは公正な立場のソムリエによる審査が行われるため、受賞したオリーブオイルは非常に高品質であるので重要な判断基準になります。



エクストラバージンオリーブオイルのおすすめ10選

 

小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル(アグリオリーブ小豆島)

参考価格:4,452

容量:200ml

品種:ミッション、マンザニロ、ルッカ、ネバディロブランカ

原産国:日本

酸度:0.1%程度

OLIVE JAPAN® 国際オリーブオイルコンテスト金賞を受賞した国産エクストラバージンオリーブオイル。

収穫から搾油、瓶詰めまでを1社で行うシングル・エステートを採用し、若草の香りと風味豊かな味わいが特徴。

一粒一粒を職人の手によって収穫されるため、高品質なオリーブのみを使用しています。

Cobram Estate(コブラム・エステート)

参考価格:2,650

容量:500ml

品種:オヒブランカ、ピクアル、コラティーナ

原産国:オーストラリア

酸度:0.3%以下

OLIVE JAPAN®での受賞歴のあるエクストラバージンオリーブオイル。

オリーブを収穫してから1時間以内に搾油するため鮮度が高く、苦みが少なく微かな辛みが特徴。

広大なオリーブ専用の土地で栽培され、殺虫剤を使用していない点も魅力のひとつです。

KNOLIVE EPICURE(ノリーブ・エピキュア)

参考価格:3,100

容量:250ml

品種:オヒブランカ・ピクード

原産国:スペイン

酸度:0.3%以下

OLIVE JAPAN®で最優秀賞を受賞したエクストラバージンオリーブオイル。

手摘みによって収穫されたオリーブを使用し、短時間で搾油を行うことで高品質を実現。

爽やかな香りとデリケートな味わい、苦みと心地よい辛みが特徴。

美しいボトルデザインも魅力の一つです。

アロンソ家のOro del Desierto(オロ・デル・デシエルト)

参考価格:1,800

容量:100ml

品種:アルベキーナ・ピクアル・クパージュ

原産国:スペイン

酸度0.1%以下の新鮮なオーガニックエクストラバージンオリーブオイル。

栽培から製造までを1社で行うシングル・エステートを採用し、4~5時間以内に搾油を行っています。

テイストはアルベキーナ(Arbequina)・ピクアル (Picual)・クパージュ (Coupage)の3種類から選ぶことが可能です。

egregio(エグレヒオ)

参考価格:2,638

容量:500ml

品種:オヒブランカ・ピクアル

原産国:スペイン

酸度:0.3%

OLIVE JAPAN®で金賞の受賞歴のあるエクストラバージンオリーブオイル。

歴史ある農園でオーガニック栽培されたオリーブを使用し、手摘みで丁寧に収穫。

風味はフルーティーで、後味に苦みと辛みをを感じることができます。

美しいボトルパッケージも魅力のひとつです。

PLANETA(プラネタ)

参考価格:2,527

容量:500ml

品種:ノチェッラーラ・デル・ベリーチェ、チェラスオーラ、ビアンコリッラ

原産国:イタリア

酸度:0.3%程度

イタリアの名門ワイナリーが作るエクストラバージンオリーブオイル。

早摘みしたオリーブを農園内の搾油所で丁寧に圧搾し、果実の新鮮な風味と色鮮やかな緑色が特徴。

IGPという厳しい品質基準を満たした認定商品です。

Antologia(アントロジア)

参考価格:1,590

容量:250ml

品種:ピクアル・アルベキナ

原産国:スペイン

酸度:0.1%

OLIVE JAPAN®で金賞の受賞歴のあるエクストラバージンオリーブオイル。

収穫から1時間以内に搾油を行い、酸度0.1%というとても低い数値を実現。

品質低下を防ぐための遮光瓶に入れられているので、健康成分を維持することができます。

 GOYA(ゴヤ)

参考価格:1,683

容量:500ml

品種:オヒブランカ・ピクーダ

原産国:スペイン

酸度:0.4%以下

OLIVE JAPAN®で金賞を受賞したことのあるエクストラバージンオリーブオイル。

収穫後1時間以内に搾油されるため鮮度が高く、苦み・辛み・フルーティーさのバランスが取れているのが特徴。

手摘みで収穫されたオリーブは低温で行うコールドプレス製法によって搾油され、年に1度だけの限定製造オリーブオイルです。

TZAVARAS(トザバラス)

参考価格:1,580

容量:250ml

品種:コロネイキ

原産国:ギリシャ

酸度:0.2%

酸度0.2%の高品質鮮エクストラバージンオリーブオイル。

世界で高く評価されているギリシャ産のコロネイキを使用し、滑らかでクセの無い味わいが特徴。

早摘みと低温で搾油するコールドプレス製法によってフレッシュさを保ち、品質を維持するためにコストのかかる航空輸送を活用しています。

東洋オリーブ 小豆島産エキストラバージンオリーブオイル[手摘み]

参考価格:4,320

容量:200ml

品種:マンザニロ・ミッション・ルッカ・ネバディロ・ブランコ

原産国:日本

酸度:0.8%以下

OLIVE JAPAN®国際オリーブオイルコンテストで金賞受賞した国産エクストラバージンオリーブオイル。

一粒一粒を丁寧に手摘みした小豆島産オリーブを100%使用し、収穫後はすぐに搾油することでフレッシュさとフルーティーな優しい味わいを生み出しています。

日本人の口に合うようにブレンドされているため、味噌や醤油などの和の調味料とも相性が良く、様々な料理に活用できます。

CLADIVM(クラディウン)

参考価格:7,560

容量:500ml

品種:オヒブランカ

原産国:スペイン

酸度:0.1%

OLIVE JAPAN®国際オリーブオイルコンテストで最優秀賞を受賞したエクストラバージンオリーブオイル。

手作業による選別と収穫を行い、2時間以内の搾油によって新鮮さをキープ。

爽やかな風味とピリッと刺激的な辛みが特徴で、オレイン酸、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富に含まれているので健康にも美容にも最適。

メルガレホ コンポジシオン

参考価格:3,348

容量:500ml

品種:ピクアル・オヒブランカ・アルベッキーナ・フラントイオ

原産国:スペイン

酸度:0.1%

OLIVE JAPAN®で最優秀賞を受賞したエクストラバージンオリーブオイル。

4種類の品種をブレンドすることで個性的でバランスのとれた味わい。

収穫から搾油までを一貫して行い、香り豊かでフレッシュな仕上がりになっています。

ICONO(アイコノ)

参考価格:2,980

容量:500ml

品種:フラントイオ

原産国:チリ

酸度:0.2%以下

ラテンアメリカで開催された大会で金賞を受賞しミシュランシェフにも認められたエクストラバージンオリーブオイル。

フレッシュな香りと快い苦みを感じられる味わい。

収穫してから4時間以内に搾油することで酸化を防ぎ、低酸度を実現しています。

CARM(カルム)

参考価格:2,808

容量:500ml

品種:マドゥラル・ヴェルディアル

原産国:ポルトガル

酸度:0.1~0.2%

ポルトガル国内で最も権威あるコンテストで金賞を受賞したエクストラバージンオリーブオイル。

フルーティーで余韻が続く味わいが特徴で、香りだけでなく品質も最高級。

有機JAS認定も得ている有機栽培オリーブを使用し、料理の仕上げとしても最適です。

FATTORIA AMBROSIO1938(ファットリアアンブロシオ) RISERVA(リゼルバ)

参考価格:6,500

容量:500ml

品種:イトラーナ・コラティーナ

原産国:イタリア

酸度:0.1~0.2%

OLIVE JAPAN®で最優秀賞を受賞したエクストラバージンオリーブオイル。

収穫から搾油までを6時間程度で行い、搾油の際には低温で処理することでオイルの劣化を防いでいます。

余韻の長く残る味わいで、苦みの広がりと心地よい辛みを体験することができます。

定番のRISERVA(リゼルバ)以外にも、CRUX(クルックス)やIDRA(イドラ)、ALFA(アルファ)などの風味が異なるものもあります。

*こちらの記事もおすすめ

ダイエットに必要な脂質の知識とは?基本を知って効率よく痩せよう

オートミールは低カロリーで栄養価がすごい!ダイエットにも効果的な食べ方とは?



まとめ

 

今回は、本物のエクストラバージンオリーブオイルのおすすめ15選を紹介しました。

鮮度の高いオリーブオイルには健康にいい成分が豊富に含まれています。

また、フレッシュなオリーブオイルはオリーブ本来の風味を楽しむことができるので、普段とは違った味わいを体験できるのも魅力です。

ぜひ今回紹介したものを参考にして、自分に合った最高のエクストラバージンオリーブオイルを見つけてくださいね。

関連記事