脂肪燃焼スープに加えよう!おすすめな野菜10選




「脂肪燃焼スープダイエットを始めようと思っているけど、どんな野菜を加えればいいかわからない」と悩んでいる方はいませんか?
今回は、そのような悩みを解決していこうと思います。野菜の効果・効能を知ることで効率よく体質を改善し、痩せやすい体にしていくことができます。この記事では、「脂肪燃焼スープに加えるといいおすすめな野菜10種類」をご紹介。ぜひ参考にして、脂肪燃焼スープで効果的に痩せましょう!

脂肪燃焼スープダイエットとは?

脂肪燃焼スープダイエットは、外科手術の前に減量が必要な患者のために考えられた健康的に短期間で脂肪燃焼を行うダイエット方法です。このダイエット方法は、1週間を目安に行うのが一般的で、体内に溜まった毒素を排出し、代謝を上げることで痩せやすい体に変えていきます。短期間で効果が出るだけでなく健康的に痩せることができるので、無理せず痩せたい方におすすめなダイエット方法です。
実際に脂肪燃焼スープダイエットを1週間実践したので、どのようにして痩せたのか気になる方は以下の記事を参考にしてくださいね!

脂肪燃焼スープダイエットで-4.8kg!1週間プログラムを実際に検証

2020年3月23日

野菜を加えて脂肪燃焼効果UP

 

脂肪燃焼スープにはたくさんの野菜が入っており、この野菜の効果・効能によって痩せやすい体に変えていくことができます。基本的な野菜は、にんじん、玉ねぎ、キャベツ、トマト、セロリの5種類で、この中に他の野菜を加えていきます。加える野菜それぞれに効果・効能があるので、便秘を改善したい場合は食物繊維の多い野菜を、冷え性を改善したい場合は血行を促進する野菜を選ぶなど、その時々の体調に合わせて野菜を選ぶことで自分に合った脂肪燃焼スープを作ることができます。

脂肪燃焼スープにおすすめな野菜10選

にんじん

にんじんにはカロテンが含まれており、体の免疫力の向上や皮膚や粘膜を正常に保つ効果があります。この効果によって風邪の予防や乾燥肌の予防をすることができます。他には、にんじんに含まれている食物繊維による便秘の改善やβカロテンの強力な抗酸化作用によるアンチエイジング効果などが期待できます。

玉ねぎ

玉ねぎには硫化アリルが含まれており、血液をサラサラにする効果や血行促進効果があります。この効果によって生活習慣病の予防や血圧を下げる効果、冷え性の改善などをすることができます。他には、玉ねぎに含まれるカリウムによるデトックス効果やケルセチンの強力な抗酸化作用によるシミやシワの予防、脂肪燃焼効果などが期待できます。

キャベツ

キャベツにはビタミンCやビタミンK、ビタミンUが含まれています。ビタミンCには疲労の回復効果や肌荒れの改善、風の予防などの効果があり、ビタミンKには血液の凝固作用や骨の形成を促す作用があります。ビタミンUは通称キャベジンと言われているもので、胃酸の分泌を抑制し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの予防になる他、胃もたれの防止にもつながります。

トマト

トマトにはリコピンやビタミンC、ビタミンE、カリウム、βカロテンを含んでおり、アンチエイジング効果や肥満予防、糖尿病予防、腸内環境の改善、疲労回復効果など様々な効果が期待できます。トマトの栄養素は、生で摂取するよりも加工したほうが吸収率が上がります。

セロリ

セロリにはカリウムやβカロテンが豊富に含まれています。カリウムは血圧を安定させる効果があり、βカロテンには皮膚や粘膜の保護をする効果があります。他にも多くのビタミンや食物繊維を含んでおり、アンチエイジング効果や胃腸の粘膜の修復作用、腸内環境を整える作用など様々な効果が期待できます。

ピーマン

ピーマンにはビタミンCやカロテン、苦み成分であるクエルシトリンが含まれています。ビタミンCには風の予防や疲労回復、肌荒れの改善などの効果、カロテンにはがん予防や免疫力の向上、粘膜や皮膚の健康維持などの効果、クエルシトリンには高血圧抑制作用や抗うつ作用などの効果があります。

しょうが

しょうがにはジンゲロールとショウガオールが含まれています。ジンゲロールには抗菌作用や抗炎症作用、代謝促進作用、消化吸収作用の向上、コレステロール値の低下などの効果があり、ショウガオールには抗菌作用や抗酸化作用、代謝促進作用、消化吸収作用の向上、殺菌作用、冷え性の改善などの効果があります。

ブロッコリー

ブロッコリーにはビタミンCや葉酸、スルフォラファン、食物繊維が含まれています。免疫力の向上による風邪予防や脂肪燃焼効果、がん予防、腸内環境の改善、アンチエイジング効果などの効果が期待できます。

まいたけ

まいたけにはキノコキトサンやMXフラクション、ビタミンD、ナイアシン、ビオチン、食物繊維などが含まれています。中性脂肪を減らす効果や脂肪の吸収を抑制する効果、生活習慣病の予防、基礎代謝の向上、脂肪やコレステロールの分解の促進などの効果が期待できます。

大根

大根にはビタミンAやビタミンC、食物繊維、ジアスターゼ、フラボノイドなどが含まれています。免疫力の向上や消化不良の解消、冷え性の改善、動脈硬化の改善、腸内環境の改善、肌荒れの予防などの効果が期待できます。

まとめ

今回は脂肪燃焼スープに加えるのにおすすめな野菜を10選ご紹介しました。野菜のもつ効果・効能を組み合わせることで自分に合ったオリジナルスープを作ることができます。ぜひ今回ご紹介したものを参考にして自分の体調に合わせた脂肪燃焼スープを作ってくださいね!kekefitではこれからも生活に役立つ情報を発信していきます。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です