脂肪燃焼スープダイエットにおすすめなフルーツはこれ!効果と注意点




健康的なダイエット方法である脂肪燃焼スープダイエット。野菜のたくさん入ったスープを飲むことに加え、日によって食べるものが決められており、野菜の日や牛肉の日、フルーツの日などがあります。

今回は、そんな中からフルーツの日におすすめなフルーツをご紹介していきます。脂肪燃焼スープダイエットに挑戦中の方やこれからやってみようという方はぜひ参考にしてくださいね!

フルーツのダイエット効果

フルーツにたくさんの栄養が含まれていることは皆さんご存じだと思います。ビタミンやミネラル、食物繊維など、体にいいだけでなくダイエットにも効果的な栄養素です。

ここでは、フルーツのダイエット効果についてご紹介していきます。

ビタミンが脂肪燃焼をサポート

糖質や脂質の燃焼をサポートしてくれるビタミンB群を始めとした、ビタミン類がフルーツには豊富に含まれています。

糖質や脂質、たんぱく質の分解や代謝をサポートする働きがあるので、積極的にフルーツを摂取するようにしましょう!

食物繊維が脂質を吸収排出してくれる

ダイエットの重要な栄養素の1つである食物繊維がフルーツにはたくさん含まれています。食物繊維は水分を含むことで膨らむ性質があるので、満腹感を得ることができます。

また、便秘の解消や脂質を体外に出す働き、食物中の脂質や糖の吸収を抑える働きも期待できます。

抗酸化成分でアンチエイジング

フルーツには、植物が身を守るために作り出した色素や香り、苦みなどの成分であるフィトケミカルが含まれています。

このフィトケミカルは、抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や代謝の促進などの効果が期待され、フィトケミカルの成分であるヘスペリジンはコレステロール値を下げる効果があると言われています。

低カロリーでダイエットにおすすめのフルーツ

ダイエット中は、栄養が豊富だけど糖質が気になってフルーツを避けがちになってしまいますよね。しかし、フルーツによってはダイエットにおすすめな低カロリーなフルーツもあります。

低カロリーで栄養満点なフルーツはダイエットにもってこいな食べ物です。ここでは、数あるフルーツの中からダイエットにおすすめなフルーツを厳選して紹介していきます。

いちご

いちごにはビタミンCが豊富に含まれており、美肌効果や免疫力の向上が期待できます。

また、水溶性食物繊維であるペクチンは整腸作用があるので、腸内環境を整えてデトックスする脂肪燃焼スープダイエットには欠かせないフルーツです。

リンゴ

りんごに含まれているポリフェノールには強い抗酸化作用がある他、内臓脂肪を減らす働きがあるのでダイエット中に最適なフルーツの1つです。

また、水溶性食物繊維であるペクチンは腸内環境を整えたり、コレステロール値の上昇を防ぐ働きがあります。

グレープフルーツ

グレープフルーツは、100gあたりのカロリーが38kcalと低カロリーなフルーツです。グレープフルーツの中には、ナリンギンと言われる脂質の代謝を促す作用があります。

また、血中コレステロール値の低下にも有効なので、ダイエット中には嬉しいフルーツです。

キウイフルーツ

食物繊維を多く含むキウイフルーツは、食物繊維の働きによって腸内細菌を減らし、脂肪の蓄積を抑えて脂肪燃焼を促す効果が期待できます。

また、ビタミンCはいちごよりも多く含んでおり、アンチエイジング効果も期待することができます。

バナナ

バナナに含まれているカリウムには、体内の塩分を排出する働きがあるので、むくみの改善にも効果が期待できます。

また、食物繊維やオリゴ糖が多く含まれているので、満腹感を感じやすく腸内環境も整えてくれるフルーツです。

気をつけたいフルーツの食べ方

栄養満点でダイエットにも効果的なフルーツですが、注意すべきポイントもあります。注意すべきポイントがまもられて守られていないと効果は半減どころか逆効果になってしまいます。

そうならないためにも、注意点を意識してフルーツを食べるようにしましょう!

加工品に注意

スーパーやコンビニで売られている缶詰のフルーツには、大量の砂糖が使われているので注意が必要です。

また、ドライフルーツはフルーツを乾燥させたものなので、カロリーが生の物よりも高くなってしまいます。食物繊維やミネラルが凝縮されるというメリットもありますが、ダイエット中は食べすぎに注意が必要です。

加工されたフルーツはカロリーが高いだけでなく、加工段階で栄養(特にビタミン)が失われている可能性も否定できないので、生のフルーツを食べるように心がけましょう!

食べすぎはダメ

フルーツには糖分が多く含まれているので、注意が必要。糖分を摂取することで血糖値が上昇してしまい、ダイエット中には逆効果となってしまいます。

摂取量の目安は200g程度が理想とされているので、この量を目安に摂取するのがおすすめです。

高カロリーフルーツは避ける

果物のカロリーは、それぞれによって異なるため、同じ量でもカロリーに大きな違いが生まれます。バナナ100gあたりのカロリーは86kcalに対して、いちごは34kcalと大きな差があります。

バナナ以外のカロリーが高いフルーツは、アボカドや柿などがあります。ダイエット中はできる限りこのような高カロリーフルーツは避けるようにしましょう!

決められた日以外はバナナはダメ

脂肪燃焼スープダイエットでは、バナナは決められた日のみになっています。バナナにはたくさんの栄養が含まれている反面、糖分が多く、フルーツの中でも高カロリーなものになるので、脂肪燃焼スープダイエット中は避けるようにしましょう!

まとめ

今回は、脂肪燃焼スープダイエット中におすすめなフルーツについてご紹介しました。フルーツは食べ方を守ることでダイエットに効果的な栄養をたくさん摂ることができます。

ダイエット中だからといって避けていた方は、ぜひ今回ご紹介したことを参考にして積極的にフルーツを食べて楽しくダイエットに取り組んでくださいね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です