5分間筋トレにオススメのダンベルを徹底比較・紹介(可変式?固定式?)




みなさまこんにちはKeKefiTです。

 

今回は、KeKefiT推奨の「5分間ダンベルトレーニング」にオススメのダンベルを紹介していきます。

 

ネットを見てみるといろんな種類や形があってうまく選べないですよね?

 

ですので、、、

 

ダンベルの用途や種類を比較してみなさまが困らないように最適なダンベルの情報を発信していきます。

 

サムくん
たしかに いろんな種類がありすぎてどんなダンベルを選んでいいのかわからないよね
*KeKefiT見習いスタッフ かっこいい体を目指してる青年

 

5分間ダンベルトレーニングとは?

 

5分間ダンベルトレーニングとは、、、

 

その名の通りダンベルを使って、5分間連続して負荷をかけ続けるトレーニング方法です。

 

かんぱつを入れずに継続して対象筋に負荷を入れ続けること

 

このポイントを重点において行うトレーニングです。

 

休憩を入れつつ行うことがオーソドックスな一般的なトレーニングにおいて

 

このトレーニング方法は短い時間で最大限の効果を生み出すことを目標としています。

 

「5分間ダンベルトレーニング総まとめの記事はこちら⬇︎」

【保存版】*5分間ダンベルトレーニングシリーズ総まとめ*

2020年6月24日

 

メリット

 

では、このトレーニングを行うことによって得ることができるメリットをいくつかご紹介します。

 

メリット
・使うのはダンベルだけなので家でできる

・短時間で限界まで持っていける

・初心者でも簡単にできる

・このシリーズで全身鍛えることができる

 

サムくん
実際にやってみるとわかる 最初は結構キツいよね

 

ベストな頻度

 

この疑問には実際にこのトレーニングをやっているサムくんに聞いてみましょう。

 

実際にやってみてどのくらいの頻度でやったらベストでしたか?

 

サムくん
僕は1日1ヶ所!夜お風呂に入る前にやっていたよ!休みの日は2ヶ所!って感じ
パートが分かれているものは全パートやるんじゃなくて1パートだけやっていたよ
そうすれば、1日たった5〜10分で終わるし、だいたい1週間で全身できるよね

 

実際にそれはすごく効率的なトレーニングの組み方です。

 

みなさまも平日と休日をうまく利用して、自分の体にあったメニューを組んでみてください。

 

どのようなダンベルがおすすめ?

ダンベルの種類

 

現在多種多様なダンベルが各企業から発売されていますが

 

ダンベルは大きく分けて可変式固定式の2種類に分けることができます。

 

そのメリット・デメリットをわかりやすく表にしました。

 

種類 機能 メリット・デメリット

可変式ダンベル

重量を変えることができるダンベル メリット
・必要に応じて重量を変更できる
・場所を取らない
・ワンセットで多様な種目に対応できる

デメリット
・いちいち重量を変えるに時間がかかる
・サーキットトレーニングやスーパーセットには適さない

固定式ダンベル

重量を変えることができないダンベル メリット
・素早くトレーニングを始めることができる
・スピード重視のトレーニングに適している

デメリット
・一つの重量しか扱うことができない
・保管スペースが必要になる

 

ベストな種類は?

 

今回の5分間ダンベルトレーニングで重要なポイントは上でも記載している

 

かんぱつを入れずに継続して対象筋に負荷を入れ続けること

 

という点です。

 

各種目の間で時間が取れないためスピードが重視されます。
さらに種目や部位によって扱える重量も変わってきます。

 

この要件を満たしているダンベルが必要になってきます
ですので

 

・スピード重視のトレーニングに対応できるもの
・様々な重量に対応できるもの

 

これが一番効率よくこのトレーニングに対応できます。

 

そんな条件にしっかり当てはまるダンベルを次で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

オススメのダンベル

 

PROIRON ダンベル2個セット(固定式)

 

 

PROIRONというメーカーから発売されている固定式のダンベル

 

1キロ〜10キロまで重量を選択できる

 

重さによって価格が異なるので注意してください。

 

1・2・3キロのセットを購入するとダンベルラックがついてきます。

 

しかし、丸い形状のため保管するときの安定感に不安が残ります。

 

*欲しい商品を選択したことを確認してから購入してください

 

 

MOJEER ダンベル2個セット(固定式)

 

 

MOJEERというメーカーから発売されている固定式のダンベル

 

こちらも重さによって価格が変わるので注意してください。

 

グリップが握りやすいというレビューが多くみられました

 

しっかりとした六角形のためダンベルで体を支える種目でも安定したパフォーマンスを期待できます。

 

*欲しい商品を選択したことを確認してから購入してください

 

 

UP2U 5段階可変式ダンベル 1個

 

 

こちらは可変式ダンベルですがバーを動かすだけで、重量を変えることができるので
スピード重視の今回のトレーニングにも対応可能。

 

重さも5段階で分けることができるので幅広い種目に対応できます。

 

スペースもとらずコンパクトな保管に適しています。

 

価格はダンベル一個の値段ですので、2つ購入をオススメしますがその分値段は高くなってしまいます。

 

しかし、固定式を5つ買うことを考えれば、検討してみる価値は多いにある商品です。

 

 

TOP FILM 可変式ダンベル 2個セット

 

 

こちらはTOP FILMから発売されている可変式ダンベル

 

重量も5〜26キロまで対応しています。

 

重量変更の際にもピンを抜き差しするだけですので、スピーディーにトレーニング可能。

 

 

WOUT 可変式ダンベル 2個セット

 

 

 

こちらはwoutから発売されている可変式ダンベルです。

 

持ち手を回転させるだけで重量が調節可能

 

重量も5キロ〜25キロまで対応しているので幅広い種目にも対応しています。

 

 

4WD可変式ダンベル

 

 

こちらは4WDから発売されている可変式ダンベル

 

ダイヤルを回すだけで瞬時に重量の調節が可能

 

15段階に重量調節ができるのでハイクオリティなトレーニングを可能にしてくれます。

 

 

特にこれがオススメ!!

 

上で今回の5分間ダンベルトレーニングに対応可能なダンベルを紹介しましたが

 

私たちが特にオススメするのが「MOJEER 固定式ダンベル」4WD 可変式ダンベル」

 

「MOJEER 固定式ダンベル」は、しっかりと六角形をとったダンベルで、いちいち転がらずに保管できる点でオススメできます。

 

「4WD 可変式ダンベル」は、15段階で重量が調節可能なところがぜひオススメしたいポイントです。
費用は多少かかりますが、それ相応の価値はあるのでぜひ検討してみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか!

 

5分間トレーニングで大切にしているポイントを抑えたダンベルを紹介してきました。

 

みなさまもぜひこの記事を参考にして、よりハイクオリティなトレーニングを目指しましょう。

 

サムくん
これで、より高いレベルでトレーニングができるね
頑張ろう!!

 

これからもサポートしていきますので頑張りましょう!

 

KeKefiTとしても、 「より良い生活にfiTする」をテーマにどんどん良質な記事を書いていくので、 皆様よろしくお願いします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です